ヨーロッパ〜日本往復日記

2001年から2003年まで二年の世界放浪の旅へ、それからどんどん価値観が変化していく様子をブログに書いています。

9年間の話し合いがたった二ヶ月弱で解決

6月から始まった別れる騒動の続きです。


実は、古巣に戻って来てしまいました。




革命記念日の日、なんとなく一緒に花火が見たくなり。

連絡を取る。


実は前々回一ヶ月ちょっと後に必要に迫られて家に戻ったら、

彼はめっちゃ反省しているようで、対応が大人、って書きましたよね。

その時は、ご飯は作ってくれるし、お皿も洗ってくれてと完全にゲスト扱い。


でも、そんな簡単に仲良くなる気なんて無いし〜〜〜〜と、言って再び出ていったのですが。。。。。。

 

 

 

 

革命記念日の日なんとなく花火ぐらい一緒に観に行こうと


気が変わり、連絡を取る。


会ってみると、今まで細かい事で、イチイチ文句を行っていた彼が、あの人混みでも全く穏やかに

過ごしている。相当私に会えたのが嬉しかったのか。


それから居候宅と自宅と自分の授業に合わせて行き来していたのですが、


彼はじっと我慢の子なのか、頭の思考回路が変化したのか、


今まで、頭を悩ませていたフランス人によくある愚痴の嵐を一切やめて、ちょっとした事にも感情的にならないように気を付けている。



ある日、彼がいつもの様に自宅でパソコンでアニメの仕事をしていると、コンピュータークラッシュが、そういう時は今までだったら、パソコン相手によく叫んでいたのに、それもジッと我慢。グッと我慢しているのが目に見えて分かって、バルコニーに行って風に当たって深呼吸して

また仕事に戻ってる。


へえ〜〜〜〜。。。。なんだろうね。この彼の気持ちの変化。


それから、今まで私と付き合いはじめてからというもの、何か彼の中の日本好きな部分が満足してしまったのか、日本語を勉強する気も全然無くなってしまっていたのに、自分で自習している。



なるほど、本気なのね。。。


1ヶ月半、ほんとうに辛かったそうです。でもね、私も生半可な気持ちで別れる決心をしたわけじゃ無いからね。


その後も8月の夏休みはお友達と一緒に旅行するしと言ってはいるものの


まあ彼のアパートと居候宅に行ったり来たりするのも面倒になり、本格的に戻ってみると

やっぱり彼の様子が違う。



お互いに自分の正当性を主張ばかり、して平行線だった話し合いも、ね。


そういうのも、本当に変化して、ちゃんと話を聞いてくれるようになった。。。

いや〜〜〜〜。ヨーロッパでは言葉に出して自分の気持ちを言う事、話し合いが大切だからって、色んな人から言われていたのに、



が〜〜〜〜ん、大して大切じゃ無かったじゃん。

 

男女の仲にはやっぱり話し合いって。

10年前、ドイツ人の彼と話し合いばっかしている時も最後は話し合いはあまり必要ないって

結論だったけど、ね。


これで、本当にハッキリした。男と女の仲には話し合いはあまり意味ないです。


彼の心に何かぐさっとくる行動をとるかしないと。


もちろん、私の気持ちはハッキリいうのに慣れてるから取り敢えず言うけどね、

相手には言葉だけでは届かない。






私は、仕事も順調で、自宅にいた方が、簡単に生徒に来てもらえたり、生徒の自宅に行けたり、まあ教科書類も全部揃ってるから、Webの授業も心配なく快適に出来るし。


仕事に集中しています。

 

まだ様子見だよ。

 

 

相手も自分の気持ちもね。


ある一定の線を超えて、別れる決心をすると、自分が何をしなきゃいけないのかと言うのがハッキリと判ってしまったんですよ。



だって、一人になったら完全な自由だし、自分がこの先何をしなきゃいけないのかがフォーカスされる。


そう言う意味で、実はこの逃避行、2ヶ月弱で終わってしまいましたが、


実りある時間でした。



まあ、私もじっと自分の気持ちを観察しています。










































これ良かったな〜〜って云う旅のスタイル。

外出禁止令が終わっても、自由に旅は出来ませんね〜。。。

残念。。。今年はヨーロッパ内だけの移動になりそう!


それにしても、スマホの普及以来、日常生活が本当に色んな情報に溢れていてさ、自分らしい旅って出来るのかな?って。。。

私の時は旅人同士の情報交換とか口コミとか行き当たりばったりとかだったんだけど、ね〜。


まあそうは言ってもわたしの時代もね。意図的な口こみがあったりして。まあトランス系のパーティーだね、特に。実は、その旅人の口コミでイケてそうって言っても、流浪の民の第一人者のユ○ヤ 系だったりして、実は作られていた口コミだったりもした。



口コミさえ、操作していたなんて、さすがです。笑。


今はかなりの口コミさえネットのプロに操作されているから、やっぱりビジネスモデルを作るのは本当にすごい。


いや〜、皆さんビジネスに人生の全てを操作されないように、頑張って下さいね!マジ。

それで、わたしが経験した中で総合的に良かった旅は

海辺か山の中。


それぞれ全然違う感じの人たちに出会えるけど、現地での出会いは楽しい。



どっかの街よりは、海か山が良い。

山登りは、やる気のある人たちに出会えて、楽しかったし、




海はやっぱり楽しいね。


現在はどこが良いのかってもうよく分からないけど、


10年前の海だったら、インドのゴア州のアランボールビーチがなんかメンツが濃くてすごかったし、


今は海というとフィリピンかなあ?わたしは行った事がないのであまりよく知らないけど、フィリピンが熱いらしい。


多分、山というと、南米だったり、私が行ったのはワラスで、旅人うじゃうじゃいたし。やっぱり根強くネパールかなあ。


まあ、山は詳しくないけどね。たまに元旅人から流れてくる写真がね。インドのラダックとか良い出会いしているような気がする。












 

 

 

 

居候2件目

みなさんこんにちは〜〜。またいろいろ進展がありましたので、筆を取ってみましたよ。

自分で動けば、なんとなく又新たな進展になるものですね。。。



今日からバカンスで空き家になったお友達の家に居候です。

植物などに水やりなどして、プラスたった100€で8月下旬までいて良いそうです。
下手したら、10月まで居ても良さそうな感じ。。。まさしく天の声。

 

夏休みの授業が少なくなる時期に本当に助かります。


パリ市内のかなり中心地の繁華街でね。かなり治安は???ですが、敷地内にモスクなどもあり、人が常に常駐して管理している建物で、まあ安全なようです。


実は、スペイン人の親友の家族のお宅に行くはずだったのですが、奥さんが熱でダウン、

大事をとってコロナの検査を受けて、イチヲ結果が出るまで来ないほうがいいという。。。


この時期ならではの理由で断って来たのですが、来るギリギリのタイミングでね。

とほほ。。。。

そのドタキャンの4日後ここに来たのです。引っ越しや掃除なども手伝ったりまあそのお礼というか。激安で部屋を借りれました。

 

まあ、長い間家を開けておくと、物騒だし、植物もあるしでね。


で、ここに来るまでの4日間はどこにいたかというと、苦肉の策で古巣に戻ったんです。

私たちの昔のアパートというか現在は彼のアパートへ、事情を話して行きました。

もちろん彼はウエルカムで、下手したら泥沼劇になるか?と思ったのですが、今まで小さいことで激情的なになっていた彼はすっかり、この一ヶ月で大人しくなってしまって。


今までしたことのない建設的な話が出来ました。




それで、私の意見を尊重し、いつまでも待ってくれると。。。
日本語も勉強するしと。。。

大人発言をしてくれたのでした。

それで、初めの初日はじっくり話し合いだったのですが、その後の4日は昔のように過ごしてというか、昔より穏やかに過ごしたのでした。


が、まあ私の気持ちはかなり固まった後に相手の行動が変わったところで、私の決心は揺らがないのですがね。本当に変わるのならと、この先を見てみないと分からないということで、


別れる事は撤回しないけど、二人に未来は無いわけでは無いという、週に1回くらいだったら
会ってもいいという、ことで決着になりました。。。



なかなか、彼には厳しい状況ですが、彼の方もまだ私と完全に未来はないという訳ではないので、心は少々落ち着いた様子。


で、私は相変わらず、9月からのシェアアパートを探しているのです。

46歳のシェアアパート探しなかなか難しいですね。

まあ、自由を手にしたところで、もう少し収入を上げなきゃいけないし、パリ周辺はもちろん物価も高いし、シェアアパートに1年ぐらい居たところで、その先はどうしたいのかと、

まあ、疑問は沢山ありますが、自分の本心に嘘をついて、一緒には居れないものですからね。

年齢とか、お金のこととか、仕事とか全部ひっくるめて、自分の心に素直に正面向いて行動しています。

 

 

そういう私の決心を彼は分かっていて、SKYPEをしたときは、罵倒しあって、ダメだこりゃって感じだったのですが。向こうが観念したのでしょうかね。









先週1件見にいって、すぐに家主から承諾を受けたのですが。。。。。


追加条件として掃除屋さんを頼むのでそれに月120ユーロ 負担してほしいと。。。

掃除なんて自分でできるじゃん。まあ55〜60平米くらいのそれは美しい昔ながらのオスマン風と言われる持ち家でね。

プロの手を入れないと、こんなに綺麗な状態でいられないよね〜〜。もちろん。。。

掃除屋さんに毎月240€も払っているから私にも半分負担しろと。。じゃあ先に書いてくれっていう。


よくよく話を聞くと、あれはダメだこれはダメだとダメダメばかりで、自由を愛するフランス人には絶対無理だね。フランスLOVEで、この部屋が相当気に入ったぐらいの女の子じゃないと。

あんな厳しい条件飲めないよ。。。。と とりあえず返事は土曜日までだというので、後数日考えます。

背に腹は変えられないし。まあ、ネットで出ている短期アパートとかでも良いんですがね。

まあ9月から新しい学期が始まるので、今たくさんの物件が動いているので、

きちんとチェックしよ〜〜〜。



















少しだけ前進

こんにちは、みなさん。

46の日本女性がまた一人、外国で一人身になった様子。ご興味があるでしょうか?笑


まあ、人生いろいろなんですが、前進あるのみです。

まず、身の回りのことをつらつら書いていきますと、


(まあこれが良い思い出になったら良いな〜〜〜。思い出のために細かく書いておく。笑)

6月2日かな3日にはもう既に家を出て、

友達の家に居候になる。→ 二人の子供の面倒が始まる。

それから前から約束していた〜〜生徒さんの旅行中猫ちゃんを預かる事に。。こんな時に。

でも約束は約束。2週間。





友達の家で授業をやりながら、子供の面倒と猫の面倒を見る。→寝不足が続く。笑


お友達に身の上話しを聞いてもらって、心が固まっていく。

お友達の友人のママ友会に参加させてもらう→久しぶりの日本人女子会楽しい。


 

また別のお友達が引っ越しするので、掃除など2回ほどお手伝いに行く→彼女のバカンス中タダで使っても良いよと言うオファー → めっちゃ助かる。


新しい生徒の受け入れを始める。→ 二人見つける。外出禁止例の延長でweb授業が続けられ、居候宅で難なく授業は続ける。

外出禁止令が解けた後の制限も、6月15日から学校も再開、交通機関も自由な時間帯で使えるようになる。
EUユニオンで働く親戚がいるっていう女の子のお話は6月解除って言うことだったけど、やっぱりそうだったんだね)

カップルの生徒の自宅へ授業しに行く、まだ一軒だけど。二人それぞれ1時間づつ。効率が良い。


居候させてくれたお友達が、日本へ一時帰国の途へ。→たった一人で彼女のアパートを使わせてくれる。めっちゃ楽ちん。猫ちゃんがいるので寂しくない。


居候宅のお友達のお友達が家に遊びに来る。→恋話トークに盛り上がる。久しぶりに酔っぱらう。


彼と3週間後初めてスカイプ通話してみる。話の内容話がいつもと同じで、平行線。頭がクラクラしてくる。
→やっぱり元の鞘に戻ることは無いだろうなあ〜〜と感じる。



お金を払って、シェアアパートのサイトに登録。既に返事が来る。

→家主は、日本に一年住んでいた事もあるゲイの男性。多分、9月からここに決まり。。。。多分ね。連絡1件目で決まりそうな気配。


猫ちゃんの飼い主の生徒さんが家に猫を取りに来る。→二年半の授業の後、初めてプライベートの話を二人で親密にする。めっちゃ良い人。若干29歳でパパになる。奥さんも私の生徒だった。現在妊娠七ヶ月。
多分、赤ちゃんが生まれたらもう辞めるんだろうなあ〜。感慨深い。






日本語が超上手いフランス語の先生からのウェブレッスンを続ける。

→今まで、全く知らなかった初級の文法項目を知り、目が点。なんとなく、フランス語の書きが上達しているように感じる。



ここに7月5日まで居て、次はパリ郊外サンジェルマンオンレーという
緑豊かなところへ移動。


スペイン語の先生の男友達と仏女性の精神科医カップ
子供二人。

男性の方の書斎件ゲストルームを使って良いと天の声。

8月はバカンスに出かけます。

まずは南仏を見に、友達三人と、それからその中の一人と北イタリアを目指して
列車の旅。

北イタリアの南チロルには18歳年下のお友達がいてね。

もう7年前かな?語学学校で知り合って、ずっと行きたかったんだけどね、彼女の実家。

なかなか行けなかったので、これを機に行ってみます。







十年に一回放浪生活が来るのね。この20年間の私の人生。

2001年の2年の旅、それから2011年の原発事故後、それから2020年の今。


まあ、2011年も沖縄では仕事をしていたけど、今回も放浪しながら仕事は途切れずにしているので、心配はあまりない。



まあ、もうダメだっ〜〜〜〜てところまで、じ〜〜〜っと我慢していたのかな。まあ話し合いは何千回としてきたのですが、男女の話し合いなんて解決策に全くならないって事に気が付く46でね。。。

 

もう思い残すことはないと、思い。速攻で家を出た。


四人くらいから長期で居候させてくれるっていうお話があってね。

本当にありがたい話です。

まあ、うまく行けば9月から新しいシェアアパートへ移動。

まあ決まればね。





















 

 

あれから3週間

 6月いっぴでお別れを告げ、次の日にもう身近な荷物をまとめて出てしまった私。

捨てる神あれば、拾う神ありの如く、

様々な人から手を差し伸べてもらっている。

いや、まじ本当の友達ってこういう時に良く分かるものです。

9年間の付き合いに終止符を打つのはね、やはりそれなりの事でね。

ポカンと心に穴が開いたように感じつつ。。。。

3週間も経つと、独り身でいることに慣れていっている気がするかな。

周りに人が居るせいで、悲しまずに済むというか。まあ友人の子供たちのおかげで忙しく、

授業もWEBでやっているせいで、一日一日が矢のように過ぎて行く。

今はね、もう少しフランスに残るつもりです。来年、残るか帰国するか決めようと思いますよ。


やはり一番大きいのは個人で独立して教えて行ける状況ですね。

それからもう46歳で、独り身としてはフランスの方が色々心理的な制約がない。


楽ですね、ヨーロッパはこういう独身の立場になると一気に。多分日本とは全然違うと思う。

まあ、楽な方に逃げないように、自分が好きで何したいか、何処にいたいのかもう少し見定めてみたいと思いますよ。









また新たな人生の岐路を選んでしまった。

前回、悩んでいる発言から

数週間、とうとう先週彼と9年弱の関係にピリオドを打ってしまいました。

え〜〜〜!という心の声が聞こえるかも?


で、今は日本人のお友達のお宅で居候中です。

46歳、再びAu Pair、20年ぶりに!


まあAu Pairと言っても、子供2人のシングルマザーのお友達の家で、部屋は一つ余っているので、時間があるときに子供の面倒を一緒に見てくれたら。タダでいつまででもいていいという

天の声。。え〜〜そんなちゃんと払うよ〜〜と言うのですが、子供の面倒をたまに信頼してくれる人が見てくれるって言うだけでありがたいと。

 

 



いや〜〜〜。ほんとうに感謝。

まあ7月、8月はアパート全体を親戚に貸す約束があるというので居れないけどね。

 

自分で安アパートを借りるにしても、9月、10月ぐらいにしようかな。




そんな話を他の人にしたら、また郊外に去年家を買ったスペイン人のお友達にも

7月中一ヶ月その友人の家に居候していいよ〜〜と。

まあそこも奥さんと子供二人いるんだけど、自分の書斎を使っていいよという。

みんな心配してくれてね、

やっぱり9年一緒にいた人とのお別れって、そりゃあ心配だよね。



お友達みんな優しくて、ほんとうにおかげさまで、一日1日を不安になることなく過ごしています。

1、2週間泊まっていいよじゃなくて、一ヶ月とか、数ヶ月住んでいいよという寛大なお心。


捨てる神  あれば、拾う神在  りみたいな。


お別れを決心できて、ホッとしているところです。




伴侶も同然で、
心にポッカリ穴が開いた感じがしますが、一人になれて、嬉しい気持ちも大きくてね。


この年の年齢で一人になると、みんな心配してくれてね、まあ

自分ではね、悲しい気持ちもありつつ、いいんですよ。今まで培ってきたものをまたゼロにしても、そういう怖さはない。



このまま一人身でもまあ、いっか〜〜〜!と。


















いつでも自分は自分の人生の開拓者

私は今、ある一つの事で悩んでいる。。。。。

ここにも書きたく無いんだけど、ただ悩んでいるってことだけ書いて、

 

書きづつって、気持ちを落ち着かせたい。






その時々で、いろんな悩みがあり、それって何んだろう?と、深く悩んだり、考えたり、思い込んだりするけど、ず〜〜〜〜〜と後になってみると、全くそんな悩む必要が無かった事に気づく。

多分、何年後か、十数年後か後 その答えはほぼハッキリと出ている。


例えば、簡単な例で

子供の頃、肩幅が広いから、キャミソールが似合わないと思っていた自分。

足が太いからと長いスカーとを履き始めた。

体重40キロ台で肩幅が広いも、足が太いも無い。。。
今、思うと本当にティーンの悩みって内容が??



それから45歳を迎えて、子供がもう居ない人生を歩んでいく事になったんだなあと

落ち込んだこともあったが、


1年程が経過して、気持ちが落ち着いている事に気づく。


30になる前に えいやっと動いて、いろんな経験を世界中でさせてもらえて、それは本当〜〜にありがたい事だった。






それで、いろんな経験後、日本に根を下ろそうと思った矢先、来たくも無かったパリに来て、

数年経ってみれば、自営業として独立して、自分のペースで仕事が出来る環境を得て、

 

それも感謝。


46歳にして、一人で歩いていると、ナンパされたり、生徒にも10歳ぐらい若く見られたりして


まだ女として枯れていない事を実感できる事に感謝。



46歳ともなると日本ではおばさん扱いで、枯れた女扱いされたりして悲しい思いをするかもなあ。


日本はビジネスで、若い女性を追いかけているっていう風潮を作っている。
まあ、ヨーロッパ以外そうか。


ここは女性も自分で稼いだお金を持っているから、若さだけに固執しなくてもいいのかなあとも思う。


男性が女性の判断基準の中で、仕事をちゃんとしている人って言うのもあるからね〜。




大切なものはお金で買えないけどね。もちろん。








それから、私のパートナーも、じっくり私が経済的に自立するまでじ〜〜〜〜っと

待っていてくれた様な気がする。



今日、外を歩いて、自分で経済的な自立と、仕事と、時間があるって本当にいいもんだなあと。




それでも、人に悩みは尽きないのね〜〜〜〜。


まあ、それが人生ってもんなんだね。